乳首の色を外見から見分ける方法と、乳首の色をピンクにする方法

乳首の色を外見から見分ける方法と、乳首の色をピンクにする方法

乳首の色を外見から見分ける方法と、乳首の色をピンクにする方法

我は乳首の色が濃く黒い。↓この通り。(※グロ注意!クリックでモザイク無

モザイク

この乳首のせいで、友人には学生時代から「銀閣寺」と呼ばれている。
(意味わかんねえしひどくね?)

 

このコンプレックスを糧に、

  • なぜ乳首の色は人により違うのか?
  • 乳首の色をピンク色に変える方法はあるのか?

と悩み、乳首がピンク黒いか見分ける方法を研究し、我の人生の統計から生み出したので紹介したい。

乳首の色はなぜ人により違うのか?

白人は基本的に乳首がピンク色の人が多いし、黒人は黒い人が多い。
というように、これは遺伝に他ならない。

日本人の中には、

  • 肌が白い人もいれば茶色い人もいる。
  • 髪が黒い人もいれば少し茶色い人もいる。
  • 歯が黄色い人もいれば真っ白の人もいる。

 

というように、乳首の色も、生まれたときの運と言ってしまえば元も子もないが、基本的に遺伝である。

ちなみに我の父親の乳首は我よりも黒い。

そのため、我の乳首が黒くて銀閣寺と言われるのも遺伝であり、しょうがないことなのである。
母親の乳首については、女性のため明言は避けるが、妹には「梅干し」と呼ばれていた

 

尚、出産をした際、赤ちゃんは視力が悪い中、母乳を飲むために必死に乳首を探す。
そこで少しでも赤ちゃんにおっぱいの場所がわかりやすくなるようにするため、妊娠したあとの女性の乳首は黒くなるのだ。

時間が経つことで色が戻る人もいれば、そのまま黒ずんだままの人もいる。

これにも個人差がある。

乳首の色をピンク色に変える方法

どうしても黒ずんだ乳首が気になる場合、通販で色を薄めてピンク色にする薬はある。

 

我はこの商品を試したことはないため、効果のほどはわからないが、そのうちやってみようと思う。

尚美容外科ではトレチノインハイドロキノンという美白のための薬で、色を薄めるという方法を取っているようだ。

【外部リンク】高須クリニック:乳頭・乳輪黒ずみ除去

 

実はトレチノインとハイドロキノンは、「毛穴奮闘記」の記録前に、我のイチゴ鼻に使用したことがある。
鼻全体はきれいになり、色も白くなったが、肝心の毛穴の汚れには届かなかった。

と、色はきれいになった経験があるので、きっとこの手法は乳首の色も薄くなりきれいになることだろう。

 

ちなみにこれらは通販でも購入が可能だ。

 

 

※ハイドロキノンは強力な薬のため、ハイドロキノンをつけたまま日光に当たることのないように注意しよう!

乳首の色を外見から見分ける方法

ではお待ちかね、外見から乳首の色を見分ける方法だ。

 

①ホクロの量を確認しろ!

まず、ホクロが多い人というのは、元々メラニン色素が作られやすい人だ。
というのは、直射日光に当たったり、皮膚へストレスがかかることでホクロができやすい体質なのだ。

我の統計上、そういった人は元々、乳首の色が黒い・濃い人が多いのだ。

ちなみに我も我の親父も、体にホクロが多くて乳首が銀閣寺だ。

 

②肌の色と雰囲気を確認しろ!

地黒の人を見かけ、なんとなく「あ、この人乳首黒そう」と思ったことはないだろうか?
そう思った人は乳首が黒いと判断して良い。

やはり肌の色というのは、色素によって影響されるものなので、乳首の色にも直結するのだ。

我も我の親父も、地黒でいかにも乳首が黒そうな顔をしていて、乳首が銀閣寺だ。

ただ、肌の色が地黒で乳首が黒そうと感じても、きれいなベージュ系の色の人もいるので要注意だ。

 

③肌の状況を確認しろ!

言い方は悪いが、アトピー肌の人や、ブツブツ・シミが多い人は、元々肌が刺激に弱い人なのだ。
そういったアジア人種の人は、乳首の色が黒い人が多い。

ちなみに、我も我の親父も肌が弱くてアトピー肌であり、乳首が銀閣寺だ。

 

以上3つが、乳首の色を見分ける主な方法であるが、乳首が黒い人はこれらに当てはまっただろうか?

 

だがしかし!

ホクロが多くても乳首がピンクの人、地黒で乳首が黒そうだと思ったがきれいなベージュ系の乳首の人、という人も見てきたので(AVで・・)、もちろん全員がそうとは言い切れない。

あくまで我の統計上の考察である。

 

結論:我と我の親父の乳首は銀閣寺だ。

 

では、さらばだ。