早起きをすると集中できる。習慣が成功を生む。

スポンサーリンク
早起きをすると集中できる。習慣が成功を生む。

早起きをすると集中できる。習慣が成功を生む。

本日深夜、朝2時に目が覚めた松平です。

そこから起きてずっと作業をしています。

 

今日のように早起きをする度に感じることがあります。

それは、早起きをすると作業・仕事にめちゃくちゃ集中できるということです。

 

朝の時間帯、まだ皆が寝静まっている時間帯に目を覚ますことで、外は暗くて周りはとても静か。

さらには起床後のさっぱりした脳で、早起きをしていないときと比べて段違いで集中力が増すのです。

スポンサーリンク

成功者は早起き

早起きをすることで集中することができますが、そのためなのか成功者は早起きを習慣づけている、という話もよく聞きます。

 

  • スターバックスのCEO ハワード・シュルツは朝4:30に起きて3匹の犬の散歩。
    5:30には最愛の妻に珈琲を淹れます。この時の珈琲の入れ方にもこだわりがあります。
  • アップルCEO ティム・クックは朝4:30に、部下にメールを送る。
    その後出社までの時間は自分の趣味など充実した時間を凄し、7:00には出社します。
  • ウォルト・ディズニーCEO ロバート・アイガーも4時半起き組。
    自分だけの静かな時間を確保し、「運動をして頭をすっきりさせ、新聞を読み、メールをチェックして、ネットサーフィンをして、テレビを見る。これを全て同時にやる」と語っています。

 

【引用】

【外部リンク】早起きで有名な成功者たちまとめ!

【外部リンク】お金持ちは早起き?36人のお金持ちの朝の習慣を徹底調査!

 

皆が起きる時間帯には、日本の、世界の成功者たちは新聞を読み終え運動も終えて朝食を食べ終えているなどなど。

金持ちが早起きなのか、早起きをすると金持ちになるのか、そこは定かではありませんが、早起きをして自分だけの充実した時間を作るということが、彼らが共通して実践していることのようです。

 

ちなみに【早起き 金持ち】でGoogle検索をすると、成功者を真似て早起きをし、周りの人間と差をつけることでお金持ちの思考になれる、というようなページもたくさん出てきます。

ザ・意識高い系という感じがしてあまりそういったページの文章を読む気にはなれないのですが、習慣が成功を生む、ということは間違いないことだと思います。

スポンサーリンク

人は習慣で行動する

金持ちと早起きの関係については既に他のたくさんのホームページでまとめているので、ここで詳しくまとめることはしません。

 

ただ、投資の神であるウォーレンバフェットが、

「人は習慣で行動するので、正しい思考と振る舞いを早いうちに習慣化させるべきだ」

と、正しい習慣を身につけることで自分を成功へと導くことができると説いています。

 

良い習慣、正しい思考と振る舞いをしっかり身につけない限り、フラフラして成功を遠ざけてしまう。

ということで、私は朝早起きをして仕事をする方が明らかに集中できると感じるため、これから早寝早起き生活を実施することにします。

早起き生活を習慣にすることで、何か自分自身が変わるような・・・、そんな予感がするほど今日早起きの効果を実感したためです。早起きをした朝の雰囲気も好きですしね。

 

今日以外にも以前はちょくちょく早起きをしていたのですが、最近は本当にちょくちょくです。

ブログで宣言しないとあっという間に終わってしまいそうなので記録として宣言します。

 

収入は上がるか否か、何かしら自分の中で目覚めるものがあるかないか、変化があった際には記録していきたいと思います。