インターネット(スマホ、タブレット、PC)を使わない生活をしてみた結果

スポンサーリンク
インターネット(スマホ、タブレット、PC)を使わない生活をしてみた結果

インターネット(スマホ、タブレット、PC)を使わない生活をしてみた結果

どうも、松平です。

 

私は毎日、一日中家にいてインターネットにつながった生活をしています。

 

  • 朝起きてタブレットでYoutubeやまとめサイトを開き。
  • ブログを書き。
  • サイトを更新し。
  • YoutubeやAmazonプライムで動画を見る。
  • ベッドに入りタブレットを見ながら就寝。

 

・・・現実世界での交流は何もないですし、一日中ネット漬け。

これはさすがにまずいと思い、昨日半日ほどではありますがインターネットを絶ち、スマホ、タブレット、PCなどのネット機器を使わない生活をしてみました。

スポンサーリンク

ネットを絶った生活一部始終

昨日、朝起きてからの半日を振り返ります。

 

 

●まずは起床後、ついタブレットを触ってしまいそうになりましたがこの欲望を断ちました。

起床後タブレットでのネットサーフィンが習慣化しているわけですから、何と言うか・・タブレットやネットに囚われていますよね。

 

 

●そしてネットを絶ったものの、朝起きて私が最初にやることは筋トレでこれは変わりません。

ただいつもBGMとしてPCでYoutubeの音楽動画を流しているので、筋トレ中は何となく寂しいです。

 

 

●筋トレ後には朝食をとりました。

朝食時、いつもはYoutubeでお笑い動画を見ながら食べているのでこれまた寂しいです。

静寂の中の朝食。

一人暮らしの飯はこんなにも寂しいものだったのかと思い知らされました。

 

 

●その後いつもはブログやサイト更新をするのですが、半日ほどネットを絶つためそれらはやらず、時間が大いにあります。

やることないな、何をしようかなと思いましたが、こういうときはとりあえず読書をしようと思いました。

買っては読まずに本棚にたまっている書籍があるので、まずはひたすら本を読みました。

投資の神バフェットの本を読んでいたのですが、所々アメリカの企業名が出てきてネットで調べたくなりますがこれも我慢。

 

 

●読書をして本一冊を読み終え、充実感MAXで気分転換にコンビニへ行きました。

そして人生で初めて、待ち合わせでもないのにコンビニで様々な雑誌の立ち読みをしました。

昨日は2/23、2/22(ニャンニャンニャン)の日の後だったためか、猫の雑誌がありそれらを読みました。

とても心が癒やされました。

 

●その後シネマ情報の雑誌を見て、昨日Amazonプライムで見たパディントンの続編、パディントン2がまだ放映されていることを知り映画館へ足を運んだのでした。

最高に面白いパディントン2。可愛いし感動するし映画館で一人泣いた。レビュー 感想

2018.02.23

 

 

ただ映画館へ行く際、自転車で行ったのですが道に迷ってしまいました・・。

というのも、普通にいつもの道で行くのもつまらないと思ったので、わざと迷うような道を通ったのもあるのですがめちゃくちゃ大変でした。

いつもはそういうときはスマホでGoogleマップを使用し、確認しながら進むのですが昨日はスマホを持ち歩いていません。

 

道に迷ってからスマホを持っていない現状に改めて気づき、非常に焦りました。

知らず知らず自転車が首都高本線に乗り上げそうになり、慌てて引き返します(^^;)

その後自分が知っている道まで大幅に戻って再出発をしますが、とても時間がかかってしまいました。

 

無駄な労力と時間を消費し、疲れて汗をかいて・・アホですね・・・。

 

 

ですが!

無事映画館に着くと、ちょうど映画が放映開始の時間でテンションが上がりました!!!

さらに!スマホやネットを使用していなかったからなのか?はわかりませんが、映画パディントン2にはめちゃくちゃ没頭して見入ることができました!

パディントン2がただ単に面白かったというのもあるかもしれません。

ただ最初からすごくナチュラルな気持ち、自然と映画を受け入れているような、そんな不思議な感覚が確実にあったことは覚えています。

 

  • 私は普段スマホやネットを常に見ては集中力が散漫になっている。
  • それらを断つと、本来の集中力が発揮できる。

 

その結果映画を受け入れる姿勢、集中力が整ったのではないかなあ?と勝手に思っているのですが可能性としてあり得ると思います。

(またはただ単に自転車で疲れてハイになっていただけか)

 

このような心理状況もあったためか、私の人生、映画館で見た映画の中でパディントン2はナンバー1の面白さでした。

見た映画(洋画)を記録、ランキング付け!

2017.12.21

 

また、面白過ぎたのでブログにレビューを書こうと思ってスマホに物語の内容をメモしようと思ったのですが、スマホを持っていないためそれはできなかったです。

これもまた、ちゃんと映画に没頭できた理由なのかもしれません。

スポンサーリンク

ネット禁止生活を終えて

その後は何事もないよういつもの道を通って帰り、ネット禁止生活半日が経過。

そしてブログを書くためにインターネット解禁です。

 

というように、半日のネット禁止生活ではありましたが、インターネットやネット機器のない暮らしというのはいまやめちゃくちゃ不便であることを改めて実感しました。

音楽もなければ、面白いコンテンツを見ることもできず、一人暮らしの身にとっては非常に寂しいです。

それほどまでにネットというのは現代社会で必要不可欠なものになっている、ということを身を持って体感しました。

 

ですが反対に、ネットが使えない、ネットを使わないからこそ、読書や映画といった何事にも集中力を高くもって没頭ができることも感じました。

スマホの普及、ネットの普及により、集中力が散漫になっている人は少なからずいるはずです。

 

その結果、ネットの普及がなければ本来伸びるはずだった能力が伸びず、潰れていった才能が絶対にある!という思いすら芽生えました。

反対にネットの力を生かして伸びた才能、新たなレベルへと進んだ分野や才能もたくさんあることでしょう。

これはただの推測なので捉え方によって一長一短です。

 

 

結論:全てのものは使い方次第で善にも悪にもなる

 

 

ネット禁止生活を経て私はひとまず、起床後と就寝前のタブレットは無駄な時間を過ごしている気がするのでやめようと思います。

そして集中力を上げて没頭するために、楽しみな出来事の前にはネットを絶つ!

ということをしてみようと思います。

 

 

 

ネットを禁止した昨日は、ごはんのときは寂しかったですが、それ以外は何か充実して濃く感じて楽しかったです。

家にいてもどこにいても情報が手に入ったり、様々なコンテンツがあって寂しさを埋めてくれる、だから結婚をする人が少なくなったということももしかしたらあるのかもしれませんね。