無償で人に何かをする(与える)素晴らしさ。無償で仕事はすんばらしい。

スポンサーリンク
無償で人に何かをする(与える)素晴らしさ。無償で仕事はすんばらしい。

無償で人に何かをする(与える)素晴らしさ。無償で仕事はすんばらしい。

どうも、松平です。

最近無償で人に何かをしてあげる、ということにハマっています。

 

例えばサイト運営について詳しく知りたいという友人に細かく丁寧に教えたり、楽器の弾き方を教えたり。

他にもサイトのデザインしてくれない?とか音声編集してくれない?とか。

 

金よこせ!と思うようなこういうことも無償でやっているんですが、何だか楽しいんです。

相手側は助かっていると思いますが、無償で人に何かをしてあげるとこちら側も心が充実します。

(無償といっても飯おごってくれたりはする)

 

アドラー心理学でいう貢献感!

そして思う。

これはアドラー心理学、『嫌われる勇気』で書かれていた貢献感であると!

人生を変えたい人に超おすすめ!『嫌われる勇気』を読んでみたら【アドラー心理学】

2017.09.18

 

アドラー心理学では、

  • 他者に貢献して貢献感を得ること
  • 『貢献度こそが幸福度』

であると説明していますが、私が現在感じていることは正にそれ。

 

貢献している感じ、人の役に立っている感じが充実感と幸せを感じます。

 

最初頼まれたときは、

金よこせ!

とも思ったんですけど無償でやってみても何か楽しい。

 

というか有償の場合だと割りに合わない、とか無駄なことを考えてしまいそうで逆に幸せな気分にはなれないようなそんな気すらします。

スポンサーリンク

楽しいです、ハッピーです。

というわけで現在気分はハッピーです。

 

人の役に立つって難しいようで意外と簡単だったり。

無意味だと思っていたけど、精神的に非常に有意義でもあります。

 

初めはちょっと無意味でアホくさいと思うかもしれませんが、無償での仕事、人助けはおすすめです。

人生つまらない、気分が冴えない、といった人はボランティアなどの人助けをすることで気分が明るくなれるかもしれませんね。

 

ボランティアとか寄付にも興味が出てきた今日この頃です。

 

 

 

・・・誰かボランティアで●●●させてくんねーかな

ボランティアは幸せな気持ちになれますよ

 

という人には騙されないように気をつけましょう。